GoogleウェブマスターツールおよびGoogleサイトマップ登録

Googleウェブマスターツール(Google Search Console)にドメインを登録すると、サイトの状態を確認できたり、検索エンジンへのインデックスを早めたりすることができます。

以下設定方法です。

 

【サイトの所有権を登録する】

1. Googleアカウントにログインし、Search Consoleを開きます。(もしまだアカウントをお持ちでない場合はアカウントを作成ください。)

 

2. ログイン後に、"URLプレフィックス"を選び"https://www.yoursite.com"のような形式でURLを追加ください。ドメインがStrikinglyのサイトにすでに接続されているかお確かめください。または独自ドメインを利用されていない場合には"http://example.strikingly.com”のような .strikingly.comのURLを追加し、 続行をクリックください。

urlprefixjp.png

 

3. ドメインの所有権の確認を要求されます。「HTMLファイルアップロード (.html)」ではなく、「その他の確認方法」より「HTMLタグ」を選択ください。次の画面で表示されるmetaタグの乱数をコピーします。

注記:「HTMLタグ」は、「HTMLファイルアップロード (.html)」とは異なります。必ず「HTMLファイルアップロード (.html)」ではなく、「HTMLタグ」を選択ください。

 

 

 addpropertyjp.png

4. 新しいブラウザタブで、Strikinglyのサイトエディタを開きます。
「設定」パネル>「詳細設定を表示する」>「サービス」>「Googleウェブマスターツールの認証」で、3.でコピーしたメタタグの乱数をペーストします。

メタタグは以下のように表示されますが、必要なメタタグの乱数はString_we_ask_forの部分です。

<meta name="google-site-verification" content="String_we_ask_for">

 

 

 

 

5. 「更新」をクリック後設定パネルを閉じ、「公開」ボタンをクリックしてサイトを公開します。

 

 

※「公開」ボタンを押さないとGoogle側でサイトの所有権を確認することができません。

 

6.  Google Search Consoleのページに戻り、「確認」ボタンをクリックします。

 

【サイトマップを登録する】

1.  Google Search Consoleホームで、設定するサイトをクリックします。

 

2. 右側にある「サイトマップ」をクリックします。

 

 

3. 右側にある「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックし、テキストボックス内に "sitemap.xml" と入力します。

 

ドメインをStrikinglyに接続していれば、sitemap.xmlファイルは自動的に生成されます。このサイトマップにより、クローラの効率を上げることができ、さらに検索エンジンが解析しにくいコンテンツに関する詳細をクローラに提供できるようになります。

 

設定は以上です。なお、設定の反映までに1日またはそれ以上かかる場合があります。

 

もしご不明点がありましたらsupport@strikingly.comまでご連絡ください!

 

この記事は役に立ちましたか?
55人中54人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください