GoogleウェブマスターツールおよびGoogleサイトマップ登録

Googleウェブマスターツール(Google Search Console)にドメインを登録すると、サイトの状態を確認できたり、検索エンジンへのインデックスを早めたりすることができます。

以下設定方法です。

 

【サイトの所有権を登録する】

1. Googleアカウントにログインし、Search Consoleを開きます。(もしまだアカウントをお持ちでない場合はアカウントを作成します。)一度ログインすると、「プロパティを追加」ボタンが表示されます。

 

2. 登録するドメインがStrikinglyに接続されていることを確認し、ドメインを入力し、「プロパティを追加」ボタンをクリックします。
※ドメインは以下のように "www" から入力してください。

www.yourdomain.com

 

3. サイトの所有権を確認する旨表示されます。「別の方法」をクリックし、「HTML タグ」を選択し、metaタグの乱数をコピーします。

 

 

4. 新しいブラウザタブで、Strikinglyのサイトエディタを開きます。
「設定」パネル>「詳細設定を表示する」>「サービス」>「Googleウェブマスターツールの認証」で、3.でコピーしたメタタグの乱数をペーストします。

 

 

5. 「更新」をクリック後設定パネルを閉じ、「公開」ボタンをクリックしてサイトを公開します。

 

※「公開」ボタンを押さないとGoogle側でサイトの所有権を確認することができません。

 

6.  Google Search Consoleのページに戻り、「確認」ボタンをクリックします。

 

【サイトマップを登録する】

1.  Google Search Consoleホームで、設定するサイトをクリックします。

 

2. 右側にある「サイトマップ」をクリックします。

 

 

3. 右側にある「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックし、テキストボックス内に "sitemap.xml" と入力します。

 

ドメインをStrikinglyに接続していれば、sitemap.xmlファイルは自動的に生成されます。このサイトマップにより、クローラの効率を上げることができ、さらに検索エンジンが解析しにくいコンテンツに関する詳細をクローラに提供できるようになります。

 

設定は以上です。なお、設定の反映までに1日またはそれ以上かかる場合があります。

 

もしご不明点がありましたらsupport@strikingly.comまでご連絡ください!

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください