カスタムコードを埋め込む

☆この機能はProアカウントのみに対応しております。

 

カスタムコードは3つの箇所から埋め込むことができます。

1. HTMLセクション (「新規セクション追加」>「App StoreとHTML」セクション>「HTML」)

アプリを埋め込むところです。 HTMLコードがあれば、Strikinglyのアプリストアにないアプリでも埋め込むことができます。くわしくはこちら。

 

2. ヘッダーコード (「設定」パネル>「詳細設定を表示する」>「カスタムコード」>「ヘッダーコード」)

CSS、あるいはスタイルコード(Google Analyticsを含む)を埋め込むことができます。こちらのページにCSSのヒントがあります。
(免責事項:こちらはStrikinglyのページではなく、DIYとなるため、ご自身の責任・判断でコードをご使用ください。)

 

3. フッターコード (「設定」パネル>「詳細設定を表示する」>「カスタムコード」>「フッターコード」)

JavaScript、またはOlark(チャットクライアント)等を埋め込むところです。

 

ご注意: バックエンドのコードの埋め込みはサポートしておりません。

 

カスタムコードについてご不明な点がありましたらsupport@strikingly.comまでお気軽にご連絡ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください