PageSpeed InsightsとW3Cコンプライアンス

Google PageSpeed Insights

2019年11月現在、Google PageSpeed Insightsでテストする際の速度が向上するようにサイトレンダリングテクノロジーを更新しました。 ストライキングリーサイトの大部分は、Google PageSpeedテストで90%以上を獲得しています。

注記:テストを数回実行して、改善されたスコアを確認することをお勧め致します!これにより、サイトが強制的に再キャッシュされ、世界中のロード時間が改善されます。

注記:サードパーティのスクリプトまたはカスタムコードを追加すると、読み込みと実行に余分な時間がかかり、PageSpeedスコアが低下する可能性があります。

 

Google PageSpeedの仕組み

Googleの定義によると、「これらのルールは、ウェブ開発のあらゆる段階で適用できる一般的なフロントエンドのベストプラクティスです」。 GoogleのPageSpeedテストで得られるスコアは、サイトの実際の読み込み速度ではなく、フロントエンドコード(HTML、CSSなど)のレンダリングと実行を促進するWeb最適化ルールに基づいてサイトがどのように運んでいるかを示します。

しかしながら、これらのルールの多くは、現代のWebサイトではかなり時代遅れです。  http://www.facebook.comhttp://www.microsoft.comhttp://www.yahoo.com,のような主要なWebサイトに対してテストを実行すると、同様に低いスコアが得られます。

Google PageSpeedからの便利な推奨事項の1つは、画像の最適化セクションです。 多くの場合、これらはWebサイトの速度低下の主な原因です。 アップロードする前に画像を圧縮すると、PageSpeedが向上する場合があります。 これらの画像圧縮サービスをチェックして、何が機能するかを確認してください。

小さなPNG:https://tinypng.com/
Smush.it:http://www.imgopt.com/
Photoshopやその他の写真編集ソフトウェア

 

W3Cコンプライアンス

W3Cへの完全な準拠は、WebサイトをSEO準拠にするための厳密な要件ではありません。 W3C準拠とは、Webサイトが構築されたHTMLおよびCSSコードがW3Cによって設定された標準に準拠していることを意味します。

遅延読み込みのように、バリデーターが理解できない、驚くほど現代的な高度なWebサイトレンダリング手法がいくつかあります。 W3Cバリデーターにサイトを読み込むと、遅延読み込みJavaScriptがエラーとしてタグ付けされる可能性があります。

サイトをSEOで上位にランク付けする場合は、サイトを定期的に更新し、高品質で関連性の高いコンテンツを使用し、サイトを共有および配信して高品質のバックリンクを取得してください。


ご不明な点がある場合には、support@strikingly.com(日本語OK)またはchat(英語のみ)でお問い合わせください!

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください