PageSpeed InsightsとW3Cコンプライアンス

Google PageSpeed Insights

Googleの定義によると”これらのルールは、サイト開発のどの段階でも適用できる一般のフロントエンドのベストプラクティスである”、この意味は、Google PageSpeedのテストから得るスコアからは実際の読み込み時間を知ることはできず、フロントエンドコード(HTML、CSSなど)のレンダリングと実行を進展させるWeb最適化ルールに基づき計算されます。

これらのルールの多くは、現代のサイトにすでに合わないものですhttp://www.facebook.comhttp://www.microsoft.com,http://www.yahoo.comといった主要なウェブサイトでも、同様に低いスコアになるでしょう。

推奨できる唯一のことは、画像セクションの最適化です。これらがサイトの読み込みに影響を与える主要な原因となります。アップロードする前に画像を縮小ください、適正サイズもご参照ください。以下のような画像サイズを変更できるサービスがあるので、どれが合うかお試しください。

Tiny PNG: https://tinypng.com/

Smush.it : http://www.imgopt.com/

Photoshopやその他写真、画像編集ソフトウェア

W3C コンプライアンス

W3Cへの完全なコンプライアンスは、SEO準拠したサイトを構築するのに必ず必要な内容ではありません。W3Cコンプライアンスはサイトが構築されているHtmlとCSSコードが、W3Cにより設定された標準に準拠していることを意味します。

 

Strikinglyが利用しているいくつかの技術で、検証ソフトが理解できない内容があります。例えばlazy loadingがあり、W3C検証ソフトでサイトを読み込むことはできますが、lazy loadingのjavascriptはエラーとしてタグされます。

SEOでサイトのランキングを向上するには、サイトが定期的に更新され、良い質と関連コンテンツがあることをお確かめください。


ご不明な点がある場合には、support@strikingly.com(日本語OK)またはchat(英語のみ)でお問い合わせください!

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください