動画アップロード時のエラー修正について

VimeoやYoutubeの動画をアップロードしようとすると、「URLが無効です」というメッセージが表示されますが、心配いりません。簡単な説明があります。 動画URLアップローダーは、特定の形式の動画リンクを受け付けます。動画のURLを適切な形式に変更する必要があります。方法は以下を参照してください。

 

Vimeo 

VimeoのIDにビデオを決定し、ビデオのページに行き、スラッシュ(/)の後にある数字を探します。

 

以下の例では、(*)がチャンネル名、(XXXXXX)がビデオIDを表します。

vimeo.com/ XXXXXXX (最も好まれ、一般的な動画の URL です。)
vimeo.com/channels/*/ XXXXXXX
vimeo.com/groups/*/videos/ XXXXXXX

赤の下線はビデオIDです。Strikinglyのビデオ背景のアップロードは、以下の形式のvimeo URLを受け付けます。

 

Youtube

YoutubeビデオのIDは、"v ="の後のアルファベットと数字の並びです。

例:動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=Q-G59dzN-zo
v = の後のコードがビデオIDです。 この例では Q-G59dzN-ZOです。

動画のURLを再度この形式に修正してください。 ( XXXXXXX ) は動画のIDを表します。

https://www.youtube.com/watch?v= XXXXXXX)

 

ご不明な点等ございましたら、support@strikingly.comまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください